HOME > その他 > サイトマップ

サイトマップ

株式会社日本保育サービスは中田有紀選手を応援します!

お問い合わせ先:JPホールディングス 社長室広報課 03-6455-8031(代表)

中田有紀選手 プロフィール

1977年(昭和52年)3月10日生 167cm・53kg 出生地/滋賀県

7種競技とは?

2日間に渡って競技を行い、走・跳・投すべての能力を競い合う。各種目の記録を得点化し、その総合得点で競う競技。競技会は、100mハードル、走り高跳び、砲丸投げ、200m、走り幅跳び、やり投げ、800m の順で行われ、2日間戦うための集中力と精神力、体力、7つの専門的な技術が求められ、オールマイティな能力が必要となる。

欧米では非常に人気が高く、その勝者は「QUEEN OF ATHLETES」と賞賛される。



中田有紀選手 最新情報

new 名古屋グランパス陸上スクール、キッズ運動能力向上プロジェクト
『かけっこ&ヴォーテックス投げ 2種目測定会』講師

2016年11月13日(日)、愛知県豊田市にある豊田スタジアムで開催された『2種目測定会』の講師を務めました。約120名の子どもたちに、鋭く飛び出せるスタートの方法や身体を大きく使って投げられる方法を指導しました。
中田選手は、同スクールのコーチとして、毎週1回、地域の子どもたちに陸上の指導を行っています。

測定会3 測定会2
測定会1

『走り方教室』講師

2016年9月4日(日)、豊田市運動公園陸上競技場で行われた『走り方教室』の講師を務めました。 小中学生約100名が参加。中田選手は、小学生にスタートの仕方などスピードアップのコツを指導しました。

走り方教室

『枚方ライオンズクラブ杯 第7回ひらかたロングジャンプカーニバル』
クリニック特別講師

2016年7月16日(土)、大阪府枚方市で開催された『枚方ライオンズクラブ杯 第7回ひらかたロングジャンプカーニバル』でクリニック特別講師を務めました。

陸上競技に取り組む小学生約60名に、ジャンプの動き作りと走り方の指導を行いました。

ひらかた1 ひらかた2
ひらかた3

『豊橋スポーツ鬼ごっこ選手権大会』スポーツクリニック講師

2016年7月30日(土)、愛知県豊橋市で開催された~市制110周年記念イベント『豊橋スポーツ鬼ごっこ選手権大会』~でスポーツクリニック特別講師を務めました。

小学生275名に、はじめの1歩が速くなる動き作りと身体の切り返しドリルの指導を行いました。

豊橋1 豊橋2

~結果~ 第100回日本陸上競技選手権大会(混成競技)

2016/6/11・6/12 第100回日本陸上競技選手権大会(混成競技)  会場:長野市営陸上競技場

100mハードル 14秒29(追い風1.5m) 938点 7位
走り高跳び 1m59 724点 8位
砲丸投げ 10m06 533点 9位
200m 26秒65(追い風2.1m) 741点 9位
走り幅跳び 5m58(追い風1.2m) 723点 8位
やり投げ 40m70 681点 8位
800m 2分27秒44 725点 8位
最終順位 8位
※順位は、総合順位です。

 

応援ありがとうございました。

今季ベスト記録で走れた100mハードル、大事なところで結果が残せた2日目の走幅跳とやり投。ここぞという場面でのパフォーマンスは、私の競技人生に関わってくれる人たちの支えと日々トレーニングを積み重ねてこれたことによって出せたのだと思っています。
競技場では「中田っ、いけ!」と大きな声で応援してもらい、しんどい状況になっても気持ちを強く持つことができました。順位だけを見れば昨年と同じ結果になりましたが、今回、個人的にはできたことが多くあります。

来年は40歳。チャレンジし続けるということは楽しいことばかりではないけれど、混成競技に取り組むことの面白さ、難しさ、そういったものの共存の中でこれからも前を向いて突き進んでいきたいと思います。

第60回中部実業団陸上1 第60回中部実業団陸上2
第60回中部実業団陸上3 第60回中部実業団陸上4
第60回中部実業団陸上5 第60回中部実業団陸上6
第60回中部実業団陸上7 第60回中部実業団陸上8

~結果~ 日本GP第3戦 2016日本選抜陸上和歌山大会

2016/4/30・5/1 日本GP第3戦 2016日本選抜陸上和歌山大会  会場:紀三井寺陸上競技場

100mハードル 14秒59(追い風0.4m) 897点
走り高跳び 1m60 736点
砲丸投げ 9m96 527点
200m 26秒62(向かい風0.6m) 744点
走り幅跳び 5m51(追い風0.1m) 703点
やり投げ 39m50 658点
800m 2分25秒57 749点
総合得点 5014点 7位入賞

 

皆さん、応援ありがとうございました。

1種目めの100mハードル7位から始まり、砲丸投げで6位に順位を上げて走り幅跳び、やり投げと6位をキープ。最終種目の800mでは最後まで全力を尽くし総合7位という結果になりました。シーズン初戦の七種競技、1つ1つのプレーに集中することができました。

今大会で得た試合勘、手応え、課題をもとに、得点アップのための作戦を練っていきたいと思います。

6月開催の日本選手権では、優勝を目指して精一杯がんばります。応援、よろしくお願いします。

和山大会1 和山大会2
和山大会3 和山大会4
和山大会5 和山大会6

~結果~ 第60回 中部実業団対抗陸上競技大会

2016/5/7 日本GP第3戦 2016日本選抜陸上和歌山大会  会場:岐阜メモリアルセンター長良川競技場

やり投げ 40m66 優勝
第60回中部実業団陸上

今年度の活動スケジュールが決定しました。

社会人となって18回目のシーズンを迎えました。
4月に入り、記録会等の試合も始まって、シーズン特有の緊張感を感じています。

2016年シーズンの目標は 日本陸上競技選手権大会(混成)で1位を獲ること。

試合中は、良かったり悪かったりと様々な展開の中で争うことになります。元気でハツラツとしたプレーができるようにできる限りの準備をしてタイトルを狙いたいと思います。まずは、初戦の日本選抜陸上和歌山大会(4/30・5/1)に出場して、コンディションを確かめたいと思います。

応援よろしくお願いします。


2016シーズン出場試合

日程:4月30日(土)、5月1日(日)
大会名:日本選抜陸上和歌山大会
場所:和歌山県・紀三井寺公園陸上競技場
種目:七種競技

日程:5月7日(土)、5月8日(日)
大会名:第60回中部実業団対抗陸上競技大会
場所:岐阜県・岐阜メモリアルセンター長良川競技場
種目:100mハードル・走幅跳・やり投

日程:6月11日(土)、6月12日(日)
大会名:第100回日本陸上競技選手権大会
場所:長野県・長野市営陸上競技場
種目:七種競技


『長崎県トップアスリート派遣事業』 長与町立長与北小学校を訪問しました。

2015年11月13日(金)、『長崎県トップアスリート派遣事業』で長与町立長与北小学校を訪問しました。
中田選手は、学校の体育館で小学5・6年生約120名の児童に特別授業を行いました。目の前で繰り広げられるトップアスリートのスピードと技術に児童は大興奮。子どもたちも、ハードル走や走高跳びヴォーテックス投げに参加し、大いに盛り上がりました。
講話では、中田選手自身が何度も何度も失敗をしてきた経験を話し、「失敗したときは面白くないかもしれないけれど、もっとよくなるにはどうしたらいいだろうと考えて、前向きにチャレンジしていってほしい」と伝えました。
授業後は、6年2組の教室で給食を食べ、その後のサイン会では長蛇の列ができていました。

長与北小学校訪問1 長与北小学校訪問2
長与北小学校訪問3 長与北小学校訪問4
長与北小学校訪問5 長与北小学校訪問6

『長崎県トップアスリート派遣事業』 長崎市立深堀小学校を訪問しました。

2015年11月12日(木)、『長崎県トップアスリート派遣事業』で長崎県長崎市立深堀小学校を訪問しました。
中田選手は、子どもたちとハードル走で競争したり、ヴォーテックス投げや走り幅跳びのパフォーマンスを披露。走り幅跳びでは手拍子をして選手を応援する方法を紹介し、声援を受けた子どもたちは大きなジャンプを見せていました。
体育館での講話では自身の経験をもとに「失敗を恐れずにチャレンジしていくことの大切さ」を話しました。

深堀小学校訪問1 深堀小学校訪問2
深堀小学校訪問3 深堀小学校訪問4

名古屋グランパスエイトスクールコーチ向けクリニック

2015年11月10日(火)、中田有紀選手が、Jリーグ加盟のプロサッカークラブ「名古屋グランパスエイト」のスクールコーチ向けクリニックの講師を務めました。

グランパスエイトコーチ1 グランパスエイトコーチ2
グランパスエイトコーチ3 グランパスエイトコーチ4

『スポーツ笑顔の教室』 岩手県宮古市立藤原小学校を訪問しました

2015年9月2日(水)、東日本大震災復興支援スポーツこころのプロジェクト『スポーツ笑顔の教室』で岩手県宮古市立藤原小学校を訪問しました。中田選手は、5年1組夢先生として授業を行いました。 (写真提供:スポーツこころのプロジェクト)


体育館で行ったチームワークゲーム。
「せ~の、中田選手~!!」元気いっぱい大きな声で迎えてくれました。
みんなで作戦を練って、協力しながら目標達成に挑みました。



教室では、子どもたちと一緒に夢について考えました。
幼少時代の話、オリンピックまでの道のりや今の夢について話をする中で、
「夢をもつこと」「チャレンジし続けること」「投げ出さないこと」陸上競技を通じて学んでいることを子どもたちに伝えていきました。


子どもたちはそれぞれが思い描く夢や好きなことを「宝物シート」に書き込み、一人ずつ丁寧に披露してくれました。
「子どもたちが何か感じてくれて、1歩踏み出すきっかけになってくれれば嬉しいですし、私も陸上競技で明るいニュースが届けられるよう精一杯がんばりたい(中田有紀選手)」


日本保育サービスは、これからも『スポーツこころのプロジェクト』に協力してまいります。

~結果~ 第99回日本陸上競技選手権大会(混成競技)

2015/7/4・5 第99回日本陸上競技選手権大会(混成競技)  会場:長野市営陸上競技場

100mハードル 14秒42(追い風1.2m) 920点 6位
走り高跳び 1m54 666点 9位
砲丸投げ 9m78 515点 8位
200m 26秒83 追い風0.8m 726点 11位
走り幅跳び 5m28 向かい風0.2m 637点 12位
やり投げ 41m33 693点 8位
800m 2分24秒24 767点 8位
総合得点 4924点 8位入賞

 

『日本選手権では、様々な面で応援をして頂きありがとうございました。 800mをゴールする最後の最後まで信じて応援してくださったこと、心より感謝しています。
優勝を目標に掲げて挑んだ日本選手権。 結果は8位と目標達成には届きませんでしたが、 最後まで最善を尽くすことの大切さや最良の判断を重ねていくことの難しさを経験して、もっと強くありたい、次こそはという気持ちがさらに深くなりました。
結果を出すためには、今の自分に必要な能力を見極めて過不足なくトレーニングを実行していくことが必要ですし、それをずっと続けていかなくてはいけません。
より多くの皆さんに混成競技を楽しんでもらえるように、私自身がもっと成長をして力をつけていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。 』

~結果~ 第75回愛知陸上競技選手権大会 兼 国体選手選考会名古屋地区予選会

2015/6/6・7 第75回愛知陸上競技選手権大会 兼 国体選手選考会名古屋地区予選会  会場:愛知 パロマ瑞穂スタジアム

100mハードル 13秒95(追い風2.9m) オープン参加
走り幅跳び 5m58(追い風1.7m) オープン参加

~結果~ 第2回土曜競技会

2015/5/30 第2回土曜競技会  会場:愛知 中京大陸上競技場

走り高跳び 1m63 4位

~結果~ 第59回中部実業団対抗陸上競技大会

2015/5/9・10 第59回中部実業団対抗陸上競技大会  会場:岐阜メモリアルセンター長良川競技場

やり投げ 40m64 2位
100mハードル 14秒18 (追い風2.3m) 優勝
走り幅跳び 5m80 (追い風2.2m) 優勝
女子総合 日本保育サービス 5位
中田有紀 優秀選手賞

 

『週末に行われました中部実業団陸上で2種目優勝することができました。応援ありがとうございました。
対抗戦で、日本保育サービスは女子総合5位でした。
2種目で優勝したことが評価されて優秀選手に選ばれました。』

~結果~ 2015日本選抜陸上和歌山大会

2015/4/25・26 2015日本選抜陸上和歌山大会  会場:紀三井寺公園陸上競技場

100mハードル 14秒08 追い風3.3m 967点
走り高跳び 1m63 771点
砲丸投げ 10m41 556点
200m 26秒06 追い風1.9m 792点
走り幅跳び 5m79 向かい風1.0m 786点
やり投げ 40m89 684点
800m 2分26秒22 741点
総合得点 5297点 第5位

 

『2日間、応援ありがとうございました。皆さんの応援のおかげで春先のこの時期に5200点台後半の記録を出すことができました。ここ5年間の中でもっともよいコンディションで臨め、七種競技を最後までやり切れたことに手応えを感じています。さらに高いレベルで勝負ができるよう、日本選手権に向けて丁寧に取り組みたいと思います。』

 

◆今後の試合予定◆

 

■5/9(土)・5/10(日)
[大会名]第59回中部実業団対抗陸上競技大会
[会場]岐阜メモリアルセンター長良川競技場
[出場種目]5/9-やり投げ、5/10-100mハードル・走り幅跳び

 

■7/4(土)・7/5(日)
[大会名]第99回日本陸上競技選手権大会混成競技
[会場]長野・長野運動公園総合運動場陸上競技場
[出場種目]七種競技

~結果~ 第1回中京大土曜競技会 / 国体選考春季選抜競技会

2015/4/18 第1回中京大土曜競技会  会場:愛知 中京大陸上競技場

4/18(土) 走り高跳び 1m63

 

2015/4/19 国体選考春季選抜競技会  会場:愛知 瑞穂陸上競技場

4/19(日) 成年女子走り幅跳び 5m51(追い風0.8m)

 

◆今後の試合予定◆

■4/25(土)・4/26(日)
日本GP第 2 戦 2015 日本選抜陸上和歌山大会 兼 第15回世界陸上競技選手権大会(2015/北京)代表選手選考競技会(和歌山・紀三井寺陸上競技場)
[出場種目:七種競技]

・4/25(土)
100mハードル 10:00
走高跳 11:30
砲丸投 14:40
200m 16:40

・4/26(日)
走幅跳 10:00
やり投 13:00
800m 16:30

 

◆オンエア◆

4/20(月)
番組名:日本テレビ「news every」?TOKYO2020?
内容:私のライバル、混成競技の金の卵を紹介します!

~結果~ 国体選考・強化普及競技会

2015/4/11・12 国体選考・強化普及競技会  会場:愛知 瑞穂陸上競技場

4/11(土) 走り高跳び 1m63
4/12(日) 100mハードル 14秒48(向かい風1.0m)

 

◆今後の試合予定◆

 

■4/18(土)
第1回中京大土曜競技会(愛知・中京大陸上競技場)
[出場予定種目:走り高跳び・やり投げ]

 

■4/19(日)
国体選考春季選抜競技会(愛知・瑞穂陸上競技場)
[出場予定種目:成年女子走り幅跳び 決勝 9:30~・成年女子100mハードル 決勝 13:25~]

 

■4/25(土)・4/26(日)
日本GP第 2 戦 2015 日本選抜陸上和歌山大会 兼 第15回世界陸上競技選手権大会(2015/北京)代表選手選考競技会(和歌山・紀三井寺陸上競技場)
[出場種目:七種競技]

~結果~ 第28回梅村学園陸上競技会

2015/4/4・5 第28回梅村学園陸上競技会  会場:愛知 中京大学

4/4(土) 砲丸投げ 10m79
4/5(日) 走り高跳び 1m55

 

『2015年シーズンが始まりました。4月初めの3週間をオープン戦と位置付けて、身体の調子を見ながら試合感を掴んでいきたいです。砲丸投げはここ数年の中で最上位の記録、落ち着いて投げられたことがよかったです。11m台に突入できるようにして得点アップを目指します。』


◆今後の試合予定◆

 

■4/11(土)・4/12(日)
国体選考・強化普及競技会(愛知・瑞穂陸上競技場)
[出場予定種目:11日 100mハードル(14:00~)・12日 走り高跳び(13:40~)]

 

■4/18(土)
第1回中京大土曜競技会(愛知・中京大陸上競技場)
[出場予定種目:走り高跳び・やり投げ]

 

■4/19(日)
国体選考春季選抜競技会(愛知・瑞穂陸上競技場)
[出場予定種目:100mハードル・走り幅跳び]

 

■4/25(土)・4/26(日)
日本GP第 2 戦 2015 日本選抜陸上和歌山大会 兼 第15回世界陸上競技選手権大会(2015/北京)代表選手選考競技会(和歌山・紀三井寺陸上競技場)
[出場種目:七種競技]

新シーズンに向けて

■今シーズンの目標は?

 

『日本陸上競技選手権大会混成競技(7/4・7/5開催・長野市営陸上競技場)での優勝です。

 

この冬は、スプリントの動作改善と強化を軸に取り組んできました。シーズンを通じて試合に出場できるコンディションを保てるように心がけて、記録更新を目指します。

 

4月は、混成競技以外の試合にも積極的に出場して、まずは、試合感覚を戻していきたいです。混成競技の初戦は、日本グランプリシリーズ 日本選抜陸上和歌山大会になります。ここまで怪我なくトレーニングを積み重ねてこれたので、1日1日を大事に過ごして、まずは七種競技をしっかりとやり切れるように良い準備をしていきたいと思います。応援よろしくお願いします。』


◆今後の試合予定◆

 

■4/4(土)・4/5(日)
第28回梅村学園陸上競技会(愛知・中京大陸上競技場)
[出場種目:4日砲丸投げ・5日走り高跳び]

 

■4/11(土)・4/12(日)
国体選考・強化普及競技会(愛知・瑞穂陸上競技場)
[出場予定種目:11日100mハードル・12日走り高跳び]

 

■4/18(土)
第1回中京大土曜競技会(愛知・中京大陸上競技場)
[出場予定 種目未定]

 

■4/19(日)
国体選考春季選抜競技会(愛知・瑞穂陸上競技場)
[出場予定種目:100mハードル・走り幅跳び]

 

■4/25(土)・4/26(日)
日本GP第 2 戦 2015 日本選抜陸上和歌山大会 兼 第15回世界陸上競技選手権大会(2015/北京)代表選手選考競技会(和歌山・紀三井寺陸上競技場)
[出場種目:七種競技]

第9回 中日スポーツ功労賞受賞!

中田有紀選手が第9回 中日スポーツ功労賞を受賞し、名古屋市中区の中日新聞社で3月25日に行われた贈呈式に出席しました。

小学生向けの陸上本/中田有紀著『やろうよ 陸上競技』9/6発売!

小学生向けの陸上本 中田有紀著『やろうよ 陸上競技』(ベースボール・マガジン社)が9/6発売となりましたのでご報告致します。
次世代を担う子どもたちの足が少しでも速くなることを願って、また子どもたちが自分の力で成功するという体験が増えることを願っての出版となります。 できるだけ多くの子どもたちにこの本に触れてもらい、混成競技に関心を持ち、陸上競技を好きになってもらえたら幸いです。


出版社 : ベースボール・マガジン社
タイトル : 『やろうよ 陸上競技』
著者 : 中田有紀
発売日 : 2014年9月6日
仕様 : 単行本 143ページ価格:1500円+税
アマゾンをはじめ、全国書店でご購入頂けます。


小学生ならだれもが体育で親しむ陸上競技の基本、レベルアップ法を、女子七種競技日本記録保持者の現役トップ選手が、わかりやすくまとめた一冊。すべての運動の基本となるからだの扱い方からはじまり、かけっこ(50m走)が速くなるための動きつくり、走り幅跳びで遠くに跳ぶための練習、ハードルをスムーズに駆け抜けるためのポイントなどを紹介。問題点を整理し、すぐに運動会で使えるマル秘スタート方法も大紹介。この一冊で陸上競技が楽しくなること間違いなし。

第5回ひらかたロングジャンプカーニバル

[開催日] 2014年7月12日(土)
[場所] 大阪・枚方市立陸上競技場
[主催] 枚方市陸上競技協会
[共催] 一般財団法人大阪陸上競技協会/枚方ライオンズクラブ


『第5回ひらかたロングジャンプカーニバル』が大阪枚方市で開催され、クリニック特別講師として行ってきました。
クリニック参加者は、小学生男女合わせて約50名。2つのグループに分かれて、ロスのない身体の扱い方・動きつくりクリニックを行いました。クリニックのテーマは゛ロスなく、無理なく、しなやかに"走ろう!。子供たちは、1つずつの動きにチャレンジしながら、最後まで集中して取り組んでくれました。
「走ることが大好き」と笑顔で話す子供たち。これからも陸上競技を楽しみ、少しでも上を目指してチャレンジし続けてくれたらと思います。

~結果~ 第98回日本陸上競技選手権大会(混成競技)

2014/5/31・6/1 第98回日本陸上競技選手権大会 7種競技

100mハードル 14秒35 追い風1.8m 929点
走り高跳び 1m60 736点
砲丸投げ 10m52 564点
200m 26秒67 追い風4.7m 740点
走り幅跳び 5m36 追い風1.0m 660点
やり投げ 39m45 657点
800m 2分25秒31 753点
総合得点 5039点 第9位

第98回 日本陸上競技選手権大会(混成競技)

【大会情報】
第98回 日本陸上競技選手権大会(混成競技)
 兼 第17回 アジア競技大会(2014/仁川)代表選手選考競技会

期日 2014年5月31日(土)~6月1日(日)
場所 長野市営陸上競技場 住所:〒381-0038 長野市東和田632
種目 男子【日本選手権】十種競技(開始 1日目 10:45 / 2日目 9:45)
   女子【日本選手権】七種競技(開始 1日目 11:30 / 2日目 10:30)
                   *競技開始時刻はいずれも予定。
日本陸連HP(大会ページ):http://www.jaaf.or.jp/taikai/1188/


この大会で結果を出すために、ひと冬かけて各種目のレベルアップに取り組んできました。
日本選手権はとてもハードな戦いになると予想しています。
みなさんの応援を力にして、最終種目の800mをゴールするまで絶対に諦めない強い気持ちを持って挑みたいと思います。 よろしくお願いします。

カケッコーズ 普及・育成プロジェクト 陸上競技スクーリング2013

2013年11月2日~4日、岩手県盛岡市で開催されたクリニック。私は、特別講師として2日目を担当し、小学校高学年以上の子供達と一緒に、この時期に身につけてもらいたい「走り方-動きつくり」に取り組みました。
運動会などでよく見られる『よーいドン』の姿勢、これを少し変えるだけでスタートのスムーズさが全然違ってくることや、しなやかにより速く走れるための練習方法をいくつか紹介しました。一生懸命に取り組む子供たち、その真剣な眼差しがとても印象的でした。
クリニックの様子は、陸上競技マガジン12月号p156~p159で紹介されています!

40歳の壁に挑むクィーン・オブ・アスリート

2013年12月号 陸上競技マガジン(ベースボール・マガジン社)

特別企画-ドキュメント- 日本が誇る、しなやかな“鉄女”ふたり
中田有紀[前編]×早狩実紀 「40歳の壁に挑むクィーン・オブ・アスリート」
ライター:増島みどりさん

陸上競技の専門誌である「陸上競技マガジン」に女子3000m障害の第一人者となる早狩実紀さんとともに2週連続企画として、特集記事が掲載されてます!


~結果~ 国士舘大学 Combined challenge 2013 混成

開催地:国士舘大学多摩キャンパス陸上競技場

 

今シーズンの最終戦となるCombined Challenge2013。七種競技、7種目の内、3つの種目で今季最高記録が並ぶ等、来シーズンへ繋がる充実した大会となりました。
1年を通じて、みなさんの応援が支えとなり、どんな時も諦めずに挑む力となりました。多くの応援をいただき、ありがとうございました。 今シーズンは、日本選手権での復帰、一シーズン怪我なく過ごせたこと、新たな課題と経験を獲得できたこと等昨年の経験が活きる収穫の多いシーズンとなりました。
これからオフシーズンに入りますが、2014年4月からはじまる新たなシーズンに向けて、より洗練されたパフォーマンスができるよう日々のトレーニングに取り組みたいと思います。
今後とも、応援、よろしくお願いいたします。


2013/10/12・13 国士舘大学 Combined challenge 2013 7種競技

100mハードル 14秒21 (追い風0.3m) 今季ベスト
走り高跳び 1m60  
砲丸投げ 10m78 今季ベスト
200m 26秒01 (追い風2.0m)  
走り幅跳び 5m61 (向かい風0.6m)  
やり投げ 42m22  
800m 2分22秒19 今季ベスト
総合得点 5298点 優勝!

ラジオ番組出演情報

東海地方のラジオ番組へ出演することになりました。

 

放送日 : 9/9(月) 19:30ごろ~20:00ごろ出演
番組名 : 東海ラジオ 1332kHz 「チア・スポ」
番組HP : http://www.tokairadio.co.jp/program/cheer/

~結果~ 第97回日本陸上競技選手権大会 混成

開催地:長野市営陸上競技場

 

いつも応援ありがとうございます。
昨年の途中棄権から1年。今年、こうやって日本選手権という勝負の場に戻ってくることができて本当によかったです。怪我から復帰することは大変でしたが、皆さんのおかげで成長することができました。ありがとうございます!
今回の結果から、跳躍種目がうまく噛み合ってくれればという課題が見つかりました。もっと上を目指して、得点アップに向けて頑張りたいと思います。   


2013/6/1・2 第97回日本陸上競技選手権大会 7種競技

100mハードル 14秒36 向かい風1.5m 928点
走り高跳び 1m63 771点
砲丸投げ 10m31 550点
200m 25秒56 追い風2.1m 833点
走り幅跳び 5m68 追い風0.3m 753点
やり投げ 44m26 749点
800m 2分23秒81 772点
総合得点 5356点 第3位

~結果~ 2013日本選抜陸上和歌山大会 日本GP第2戦

2013年4月27日・28日 和歌山市紀三井寺公園陸上競技場

 

7種競技初戦、無事に怪我なく終わりました。
4年ぶりに、春先のシーズンを怪我なく越えることができ、明るい材料を手に日本選手権に挑めそうです!
あと1ヶ月、6月1・2日開催の日本選手権に向けて頑張りたいと思います。


2013日本選抜陸上和歌山大会 日本GP第2戦 7種競技

100mハードル 14秒41 向かい風2.0m
走り高跳び 1m63
砲丸投げ 10m12
200m 25秒92 追い風2.2m
走り幅跳び 5m69 追い風0.5m
やり投げ 37m72
800m 2分25秒15
総合得点 5168点 / 4位

2013年度試合予定

いよいよ2013年シーズンが始まります!今年の目標は、2年ぶりの日本一奪還。目標達成のために工夫を重ね、冬から時間をかけてじっくり取り組んできました。6月に開催される日本選手権。頂点目指して勝負に挑み、日本代表を獲得したいです。今年も応援よろしくお願い致します。


4月27日・28日 日本グランプリシリーズ 日本選抜陸上和歌山大会(紀三井寺) 7種競技

5月11日・12日 中部実業団対抗陸上競技選手権大会(岐阜・長良川)やり投げ・走り幅跳び・走り高跳び

6月1日・2日 日本陸上競技選手権大会混成(長野・長野市営) 7種競技

6月7日~9日 日本陸上競技選手権大会(東京・味の素) 未定

お知らせ

4/13発売『陸上競技マガジンJr』(ベースボール・マガジン社発行)
陸上クィーン・中田有紀のレッツ・チャレンジ!連載がスタートします。中学生の選手、指導者、保護者~小学生まで、"駆けっこ"の上達に役立つ内容をメインに、スポーツに必要な動き作りや身体扱いをクリニック形式で紹介していきます。大きい写真付きで誰でも試してもらえる内容になっています。興味のある方は、是非ご覧下さい。

TV出演のお知らせ

1月19日(土)18:55~TBS「炎の体育会TV」に七種競技の解説で出演します。ぜひご覧ください!

 ~結果~ 国士舘大学デカスロントライアル

開催地:東京・国士舘大学陸上競技場

 

無事に今シーズンの最終戦を終えることができました。多くの方々の応援・サポートは、競技に挑む励みとなりました。どうもありがとうございました。
デカスロントライアル大会の結果により、来季の日本選手権出場権を獲得することができました。“勝負の舞台”への切符を手にし来シーズンに繋ぐことができたので、まずはこの状態をキープし、各種目のレベルアップ、フォーム改善へと取り組みを進めていきたいと思います。

今シーズンは、ロンドン五輪への挑戦、日本選手権での途中棄権、復帰へ向けての取り組みの中で新たな目標も生まれました。

「40歳までプレーする」。

どんな時も最善を尽くすこと、希望を持つこと、やり続けること。
進化を求め、プレーを磨き、更なる高みを目指していきたいと思います。

来季もどうぞよろしくお願いします。

中田有紀


2012/10/27・28 国士舘大学デカスロントライアル 7種競技

100mハードル 14秒45 / 追い風0.1m 916点
走り高跳び 1m63 771点
砲丸投げ 10m77 580点
200m 25秒91 / 追い風0.1m 805点
走り幅跳び 5m44 / 追い風0.2m 683点
やり投げ 36m30 596点
800m 2分25秒76 747点
総合得点
第2位
5098点

~結果~ 第96回日本陸上競技選手権大会 混成

開催地:長野市営陸上競技場

 

日本選手権での応援、ありがとうございました。
今年はロンドン五輪を目指して最後の1秒までチャレンジするべく挑んできましたが足首の状態が思わしくなく5種目を終えて棄権する決断に至りました。
混成競技については非常に残念な結果となってしまいましたがこの怪我を必ず克服してまた勝負の舞台に戻ってきたいと思っています。

今週は大阪長居陸上競技場で混成競技以外のトラック&フィールド種目の日本選手権が開催されます。

出場種目 6月8日(金)女子走り幅跳び 19:00スタート

中4日と試合間隔は短いですが、皆さんと共に挑みたいと思います。
応援よろしくお願いします。

2012/6/2・3 第96回日本陸上競技選手権大会 7種競技

100mハードル 14秒44 向かい風0.3m 917点
走り高跳び 1m63 771点
砲丸投げ 10m39 555点
200m 26秒14 追い風0.4m 785点
走り幅跳び 5m80 追い風0.9m 789点
やり投げ - -
800m - -
総合得点   -

タイムテーブル 第96回日本陸上競技選手権大会

中田選手出場の第96回日本陸上競技選手権大会タイムテーブルが発表されました!

 

2012/6/2・3 第96回日本陸上競技選手権大会 7種競技

6月2日(土)
11時30分 100mハードル
12時30分 走り高跳び
14時50分 砲丸投げ
17時20分 200m
6月3日(日)
10時00分 走り幅跳び
12時50分 槍投げ
15時55分 800m

奈良県選手権

2012/05/04・05

奈良県選手権

100mハードル 14秒18 追い風1.9m

東京選手権

2012年シーズンが始まりました。今年はロンドン五輪開催の年。陸上競技は6月開催の日本陸上競技選手権大会が最終選考会となります。勝負と記録が求められるハードな2日間。これに挑む準備を進めています。
この挑戦には多くの方々に関わっていただき、応援・サポートをいただいています。1点でも多く得点が重ねられるよう、技術を磨き、自分を磨き、いい準備をしていきたいと思います!

nakata-img-103-1 nakata-img-103-2 nakata-img-103-3

2012/04/21・22

東京選手権 / 東京・味の素スタジアム

100mハードル 14秒59 向かい風1.8m
走り高跳び 1m60
砲丸投げ 10m09
走り幅跳び 5m79 追い風1.0m
border-top
今後の試合予定

5月4日・5日 奈良陸上競技選手権大会(奈良市・鴻池陸上競技場)7種競技

5月12日・13日 中部実業団対抗陸上競技選手権大会(岐阜市・メモリアル)やり投げ・走り高跳び・100mハードル

6月2日・3日 日本陸上競技選手権大会混成(長野市・長野市陸上競技場)7種競技

6月8日~10日 日本陸上競技選手権大会(大阪市・長居陸上競技場)走り幅跳び

ひらかたロングジャンプカーニバル

大阪・枚方市で開催された「ひらかたロングジャンプカーニバル」にクリニック特別講師として参加しました!

nakata-img-03 nakata-img-04 nakata-img-05

 第12回中部実業団陸上競技選手権大会

来シーズンに向けて臨んだ今季最終戦。 今夏と秋に腰を据えてじっくり取り組んだことの成果、その手応えを得られる試合内容となりました。上向きであることをご報告いたします!
来年はいよいよロンドン五輪開催、ビックゲームシーズンになります。標準記録突破、五輪代表権獲得を目指し、自分を磨いていきたいと思います。 

2011/10/10 

第12回中部実業団陸上競技選手権大会
/岐阜・多治見市運動公園星ヶ丘競技場

走り幅跳び 5m80(追い風2.0m) 優勝
100mハードル 14秒38(追い風0.5m) 2位
nakata-img-07-1 nakata-img-07-2
border-top
今後の試合予定

第95回日本陸上競技選手権大会 女子走り幅跳び

期 日 : 6月12日(日)
会 場 : 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
出場種目 : 女子 走り幅跳び (エントリー数19名)
時 間 : 15:15競技開始

第95回日本陸上競技選手権大会混成大会

2011/6/4・5 第95回日本陸上競技選手権大会混成大会

100mハードル 14秒35 向かい風0.5m
走り高跳び 1m66
砲丸投げ 10m52
200m 26秒55 向かい風2.8m
走り幅跳び 5m80 追い風1.0m
やり投げ 38m97
800m 2分22秒59
総合得点 5275点 第3位

第95回日本陸上競技選手権大会(混成競技)

7種競技タイムテーブル

6月4日(土)
9時50分 開 会 式
11時30分スタート 100mハードル
12時30分 走り高跳び
14時45分 砲丸投げ
17時00分 200m
6月5日(日)
10時30分スタート 走り幅跳び
12時40分 槍投げ
15時20分 800m

日本グランプリシリーズ静岡国際陸上・第55回中部実業団対抗陸上競技大会

5月に入り、少しずつ調子が上がってきました。4月の試合中に臀部への違和感を感じ、今季はペースを調整しながら取り組みを進めています。シーズンへの入り方は毎年工夫がいることを学んでいます! 今回100mハードルのレースでは躍動感が戻ってきたなという感触が得られ、完全復帰への手応えを感じています。6月の日本選手権に照準を合わせて、コンディションを上げていきたいと思います。 

2011/5/3

日本グランプリシリーズ 静岡国際陸上 / 静岡エコパ

走り幅跳び 5m57

2011/5/8

第55回中部実業団対抗陸上競技大会 /
岐阜 メモリアル陸上競技場

100mハードル 14秒60(追い風1.8m) 4位
nakata-img-14 nakata-img-15

中京テレビ「ゲンキのトビラ」放送日のお知らせ

先日取材を受けた中京テレビ(チャンネル35ch)「ゲンキのトビラ」が、4月2日(土) 22:57~放送されます!
(Gコード: 16058937) 東海地方での放送になります。 

CATV放送のお知らせ

3月5日に開催したキッズアスレチックスフェスティバルの模様を、地元ケーブルテレビで特集が放送されています(ひまわりネットワーク:みよしTODAY 17:45~)。7分の特集です。
こちらのホームページから動画がご覧いただけます:混成競技にチャレンジ!キッズアスレチックスフェスティバル

アジア競技大会 銀メダル獲得!~ 7種競技 銀メダル ~ 混成競技女子7大会28年ぶり、最高成績!

たくさんの方々の応援、声援と共に最後まで強い気持ちで闘うことができました。応援、本当にありがとうございました。 メダル争いは、最終種目の800mまでもつれる展開となり、非常に緊迫する状況の中でスタートを迎えました。スタジアムの歓声、高揚感、緊張感、様々なものが入り混じる中、最後の最後まで諦めずに突き進み金メダル獲得に挑戦することができました。アジア競技大会では自身初となるメダル、それも銀メダルを獲得することができましたこと、大変嬉しく、また誇りに思います。

来年は、韓国テグにて世界選手権が開催されます。出場するには日本記録の更新が必要です。より一層磨きをかけて、クオリティーの高い混成競技を目指していきたいと思います! 

nakata-img-18 nakata-img-19 nakata-img-20

第16回広州アジア競技大会

100mハードル 14秒03 追い風1.1m 974点
走り高跳び 1m65 795点
砲丸投げ 11m30 615点
200m 25秒59 追い風2.2m 833点
走り幅跳び 5m97 追い風1.7m 840点
やり投げ 44m67 757点 シーズンベスト
800m 2分22秒32 792点
総合得点 5606点 銀メダル獲得!

 アジア競技大会に向けて 中田有紀選手より

今季最重要試合となるアジア競技大会に向けて、まもなく日本を出発します。チームJAPANの一員として、最後まで諦めないプレーを貫き通しメダル獲得を目指します。1秒でも速く、1cmでも高く遠く。積み重ねを体現したいと思います。 

border-top
今後の試合予定

第16回 アジア競技大会

開催地:中国(広州)  2010年11月12日~11月27日
・陸上競技 2010年11月21日~27日
・7種競技 2010年11月22日・23日

7種競技タイムテーブル

11月22日(月)
9時00分スタート 100mハードル
9時40分 走り高跳び
17時05分 砲丸投げ
18時50分 200m
11月23日(火)
9時00分スタート 走り幅跳び
10時30分 槍投げ
17時05分 800m

アジア競技大会代表決定!

4年に1度開催されるアジア競技大会(11月21日~27日・中国/広州)の日本代表選手が陸連より発表され、女子7種競技日本代表としての出場が決まりました!

日本陸上選手権 9連覇達成!

アジア競技大会日本代表と大会9連覇のかかった2日間。たくさんの応援・声援をいただきまして本当にありがとうございました!
今年の日本陸上競技選手権大会テーマは「新たな挑戦」。
シーズン序盤に起こった突然の怪我、その難題は、最高のパフォーマンスを目指す強い意志を齎し、新たな自分を構築していくきっかけとなりました。
皆様の応援・声援と共に戦った今大会、ある時は4年ぶりの自己記録更新に歓喜し、ある時は強烈な向かい風に阻まれ、静と動、様々な感情が入り混じる混成競技となりました。
結果としての優勝・9連覇については、応援していただいた皆様とその価値を共有できることに喜びを感じております。今後も競技の価値を高めるべく、さらなる高みを目指して取り組みます。どうぞよろしくお願いいたします。

nakata-img-26 nakata-img-27 nakata-img-28 nakata-img-29

2010/6/12・13
第94回 日本陸上競技選手権大会 (川崎市等々力陸上競技場)

100mハードル 14秒35 向かい風0.2m
走り高跳び 1m69
砲丸投げ 10m61
200m 26秒16 向かい風4.9m
走り幅跳び 6m30 追い風1.7m 自己ベスト
やり投げ 44m66
800m 2分21秒78
総 合 得 点 5670点 優 勝!9連覇達成

日本選手権に向けて 中田有紀選手より

現在、鳥取のワールドウィングにて最終調整の合宿中です。今年の日本選手権は、11月に開催されるアジア競技大会の日本代表選考会となっています。最後の最後まで記録を狙い、アジアで戦えるチャンスを勝ち取りたいと思います!

border-top
今後の試合予定

第94回 日本陸上競技選手権大会(混成競技)

2010年6月12日(土)~6月13日(日) 川崎市等々力陸上競技場

7種競技タイムテーブル

6月12日(土)
11時10分スタート 100mハードル
12時05分 走り高跳び
15時35分 砲丸投げ
17時10分 200m
6月13日(日)
11時00分スタート 走り幅跳び
13時20分 槍投げ
15時00分 800m

2010/5/15・16 第54回中部実業団対抗陸上競技大会 報告

『第54回中部実業団対抗陸上競技大会』
場所 : 岐阜県多治見市
期日 : 2010年5月15日・16日

走って・跳んで・飛び越えて。各種目それぞれの専門選手に混ざり2日間で3つの種目に挑みました。4月に大腿の付け根を痛め公式戦を見合わす時期が続いておりましたが、今大会、復帰戦にて走り幅跳びでは優勝することができました。応援をいただきましてありがとうございました。今シーズンは、11月に開催されるアジア大会のメダル獲得を目標に掲げ取り組んでいます。6月に開催される日本選手権優勝・9連覇を目指し、日本代表の座を獲得したいと思います。

2010/5/15・16 

第54回中部実業団対抗陸上競技大会
(岐阜県多治見市)

走り幅跳び 5m89(追い風1.0m) 優勝
100mハードル 14秒37(追い風0.7m) 4位
200m 26秒10(向い風0.5m) 6位
border-top
今後の試合予定

5月29日(土)
中京大土曜競技会 (愛知県豊田市)

6月12日(土)・13日(日)
日本陸上競技選手権大会 (神奈川県等々力競技場)

2009/12/12・13 第5回東アジア競技会(香港) 報告

『第5回東アジア競技会』
場所 : 香港
期日 : 2009年12月12日・13日
結果 : 優勝 金メダル! (合計得点 5717点)


東アジア大会では、海外遠征自身初の金メダルを獲得することができました。とっても嬉しくまた誇りに思います。皆様、応援どうもありがとうございました。
来年開催されますアジア大会に向けて更に高い志を持ち、挑みたいと思います。

nakata-img-35 nakata-img-36 nakata-img-37 nakata-img-38

12月12・13日 第5回東アジア競技会(香港)

100mハードル 14秒13(向かい風1.1m)
走り高跳び 1m74
砲丸投げ 11m44(シーズンベスト)
200m 25秒76(追い風1.4m)
走り幅跳び 6m06(追い風1.1m)
やり投げ 41m92
800m 2分18秒77(シーズンベスト)
総 合 得 点 5717点 優 勝!

2009/11/10・11 アジア陸上競技選手権大会 報告

『アジア陸上競技選手権大会』
 場所 : 中国・広州
 期日 : 2009年11月10日・11日
 結果 : 銀メダル (合計得点 5582点)

『アジア選手権(中国・広州)は、日本代表としてメダルを持って帰ること、順位を重視して臨みました。七種競技の強い国は、カザフスタン・ウズベキスタン・中国・インド。。。

1種目めの100mハードル2位からのスタート、2種目目の走り高跳びで3位となり、その後は6種目めの槍投げ終了まで順位は変わらず3位。しかし、1・2位との差が開いたり縮まったりしながら試合を展開し(一時は4位の選手と12点差=走り幅跳びで4cmほどの差まで詰められるような状況もありました)、最後の800mを迎えます。逆転するには2位に5秒以上(約30m)の差をつけることが必要でした。

あきらめずに最後の1秒までチャレンジすることを心に決め、最後の力を振り絞ってレースに臨んだ結果、逆転「銀メダル」を獲得することができました!

皆様、応援していただき本当にありがとうございました!来年は、4年に1度開催されるアジア大会の年になります。 技を磨き自分を磨き、来年は金メダルを目指します。   中田有紀 』

nakata-img-40 nakata-img-41 nakata-img-42 nakata-img-43
border-top
今後の試合予定

12月10日~
東アジア大会 中国・香港

2009/10/10・11 群馬リレーカーニバル 報告

先週末、「群馬リレーカーニバル」に出場してきました。秋シーズン第1戦は優勝することができました!
応援、ありがとうございます。

nakata-img-45

10月10・11日 群馬リレーカーニバル (群馬県前橋市)

100mハードル 14秒12(向かい風0.9m)
走り高跳び 1m72
砲丸投げ 10m42
200m 25秒51(追い風1.6m)
走り幅跳び 5m98(追い風2.6m)
やり投げ 42m03
800m 2分23秒54
総 合 得 点 5563点 優 勝!
border-top
今後の試合予定

11月10日~14日
中国・広州 アジア陸上競技選手権大会 七種競技 日本代表

12月10日~13日
中国・香港 東アジア大会 陸上 七種競技 日本代表候補

第57回全日本実業団対抗陸上競技大会 (岡山 桃太郎スタジアム)

秋のシーズンが始まりました!

9月27日(日)

「第57回全日本実業団対抗陸上競技大会」

100mハードル 予選 14秒00(追い風2.0m) 決勝 14秒18(向かい風0.2m) 4位入賞

日本陸上選手権 8連覇達成!

第93回日本陸上選手権大会が終了いたしました。たくさんの応援・声援ありがとうございました!出場しました七種競技で優勝、日本選手権8連覇を達成することができました。目標にしていた世界陸上代表の座を獲得することはできませんでしたが、あと1歩という水準までレベルアップしてきています。引き続き、自分を磨き、技を磨き、混成競技の究極を求め世界を目指したいと思います。今後とも応援の程どうぞよろしくお願いいたします。

100mハードル 13秒75 自己ベスト (1,014点)
走り高跳び 1m72 (879点)
砲丸投げ 11m33 (617点)
200m 25秒08 (879点)
走り幅跳び 6m08 (874点)
やり投げ 41m80 (702点)
800m 2分18秒99 (837点)
総 合 得 点 5802点 優 勝!8連覇

第93回日本陸上競技選手権大会
第12回世界陸上競技選手権大会代表選手選考競技会

期日:2009年6月25日(木)~6月28日(日)
会場:広島広域公園陸上競技場(広島ビックアーチ)
Go to Map

7種競技タイムテーブル

2009年 6月27日(土)
10時00分スタート 2組 100mハードル
11時00分 走り高跳び
13時00分 砲丸投げ
15時15分 2組 200m
2009年 6月28日(日)
11時00分スタート 走り幅跳び
12時30分 やり投げ
16時05分 800m

ONAIR情報!

6月26日(金) NHK「おはよう日本」7時台のスポーツコーナーにてONAIR決定!(7時半ごろの放送予定です)

2009/5/16・17 中部実業団対抗陸上競技大会

いつも応援ありがとうございます。中部実業団陸上では、専門選手を抑えての優勝、入賞を果たすことができました。6月25日~28日に開催される日本選手権(広島県)では、世界選手権への出場権獲得と7種競技8連覇を目指します。今後とも、応援よろしくお願いいたします!


2009/5/15・16

中部実業団対抗陸上競技大会

200m 25秒24(追い風0.7m) 第 2 位
走り高跳び 1m65 優 勝

2009/5/3

GP静岡国際陸上

走り幅跳び 5m87 (追い風0.2m)

2009/4/29

日GP織田記念陸上

100mハードル 13秒97 (追い風1.9m)

2009/4/18・19 和歌山グランプリ

4月18日・19日と日本選抜陸上大会 和歌山グランプリ 7種競技に出場してきました。結果は、5427点で優勝することができました。応援どうもありがとうございました。次は、6月下旬の日本選手権(世界陸上最終選考会)がターゲットとなります。8月に開催される世界選手権(ベルリン大会)への出場権獲得に向けてパフォーマンスを磨いていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。


100mハードル 14秒07 / 向風0.4m (968点)
走り高跳び 1m66 (806点)
砲丸投げ 11m20 (608点)
200m 25秒75 / 向風0.4m (819点)
走り幅跳び 5m78 / 追風1.1m (783点)
やり投げ 40m54 (678点)
800m 2分24秒41 (765点)
総 合 得 点 5427点 優 勝!
border-top
今後の試合予定

4月29日
春季グランプリ第3戦 織田幹雄記念陸上 100mハードル

5月3日
春季グランプリ第4戦 静岡国際陸上 走り幅跳び

5月9日・10日
中部実業団陸上 200m・走り高跳び

6月25日・26日
日本選手権 7種競技

2008/10/11・12 群馬リレーカーニバル・日本選抜混成競技大会 報告

先週末、グランプリサーキット最終戦「群馬リレーカーニバル・日本選抜混成競技大会」に出場しました。
結果 優勝 (合計得点 5715点)

皆さん、応援ありがとうございました。今回、ハードル・走高跳・200m・走幅跳の4つの種目でシーズンベストが出せました。特に200mは5年ぶりの24秒台!来年に繋がる上向きの試合でシーズンを締めくくることができました!
来年はベルリン世界陸上が行われます。標準記録を突破して出場できるように取り組みたいと思います。
応援、どうぞよろしくお願いします。
先週末で今シーズンが終了しました。今年は怪我からの復帰、北京五輪への挑戦、新しいトレーニングの導入、その定着・・・私の競技人生の中でも転機となる1年になりました。
みなさんの温かい気持ちを感じながら、スポーツの尊い瞬間を共有できたこと、私はうれしく思っています。
これからもがんばります!

100mハードル 13秒89
走り高跳び 1m72
砲丸投げ 10m53
200m 24秒81
走り幅跳び 6m12
やり投げ 40m82
800m 2分21秒48
総 合 得 点 5715点 優勝!

日本陸上選手権 7連覇達成!

日本陸上界最高峰の大会-第92回日本陸上競技選手権大会が、川崎市等々力競技場で2008年6月26日(木)~6月29日(日)まで開催されました。我らが中田有紀選手は女子七種競技で見事に大会7連覇達成!しっかりと優勝してくれました。
最終種目の800mでは、最後の直線で見事なまでの追い抜きをみせてくれての優勝!怪我との戦いから強い精神力でのすばらしい復活劇で私たちに大きな感動をあたえてくれました。

nakata-img-54 nakata-img-55 nakata-img-56 nakata-img-57

第92回日本陸上競技選手権大会 兼 北京オリンピック日本代表選手選考会に向けて

2008年6月16日中京大学八事キャンパスにて、株式会社日本保育サービス所属 中田有紀選手の記者会見が行われました。
多くのマスコミ各社に囲まれ、予定していた時間をはるかに越える盛り上がった会見となりました。
1月の練習中に左ふくらはぎを負傷しましたが現在は完治。
新たに取り入れた初動負荷トレーニングにより、以前より増して体が柔軟に使えるようになったことや、「A標準(6000点)を突破して優勝したい」と今大会への強い意気込みを語りました。
また、中田選手の夢である"世の中に混成競技を広めたい"という思いを、「五輪に出ることで子供たちや世間の皆さんに七種競技を見てもらい」と力を込めて語りました。

nakata-img-59 nakata-img-60

第92回 日本陸上競技選手権大会
(北京五輪代表選手選考会)

開催日 2008年6月26日・27日
場所 神奈川県 等々力陸上競技場

7種競技タイムテーブル

2008年 6月26日(土)
10時00分スタート 100mハードル
11時00分 走り高跳び
15時00分 砲丸投げ
17時50分 200m
2008年 6月27日(日)
13時00分スタート 走り幅跳び
14時50分 やり投げ
18時00分 800m

日本選手権に向けて記者会見を開きます

日 時 6月16日(月) 14:00~
場 所 中京大学八事キャンパス(中会議室)にて

2008/05/11 中部実業団陸上競技選手権大会報告&五輪予選にむけて

シーズン初戦を先週おえて、五輪予選まで残り1ヶ月半となりました。緊張感たっぷりですが、これが五輪シーズンです。また挑戦できることは素晴らしい経験です。
日本選手権は6月26日(木)と27日(金)に決定しました。毎日の積み重ねを大切にしながら、その日を迎えたいと思っています。応援よろしくお願いします!


2008/5/11

中部実業団陸上競技選手権大会

走り高跳び 1m65 第2位
100mハードル 14秒62 第5位

2008/01/27 ドイツ混成室内選手権 報告

私は今、ドイツに来ています。室内5種競技の試合とトレーニングのためです。
1月27日にドイツ混成室内選手権に出場しました。2008年初戦は、ドイツにいる6000点台の選手に混じり闘えたことでとても刺激的な経験ができました。
2月10日よりアジア室内選手権で2戦目。しっかり戦いたいと思います。今後も、応援よろしくお願いします!


2008/1/27

ドイツ混成室内選手権

60mハードル 7秒78
走り高跳び 1m66
砲丸投げ 10m82
走り幅跳び 5m85
800m 2分21秒47
総 合 得 点 3953点
nakata-img-64 nakata-img-65 nakata-img-66

2007/10/08秋田わか杉国体 報告

10月8日12時より、24名の選手で成年女子走り幅跳びが行われました。寒さと雨という悪天候となりましたが、6m00の記録で3位入賞、愛知県には6点貢献できました。応援ありがとうございました!


2007/10/08

第62回国民体育大会「秋田わか杉国体」

成年女子走り幅跳び 6m00 第3位
nakata-img-68 nakata-img-69

2007/09/23全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 報告

先週末に全日本実業団対抗陸上競技選手権大会がありました。
今後は秋田国体の走り幅跳び(10月8日)に愛知県代表として出場します。応援よろしくお願いします!

2007/09/23 

全日本実業団対抗陸上競技選手権大会
岐阜長良川競技場

100mハードル(予選) 14秒22 (向かい風1.5m)
100mハードル(決勝) 14秒34 (向かい風1.6m) 第5位
走り高跳び 1m70 第5位

2007/08/25-26 『世界陸上』中田有紀選手 シーズンベスト連発の健闘!

8/25から開催の世界陸上大阪大会に出場した中田有紀選手。
800mでの自己新記録達成など、総合得点でもシーズンベストの健闘でした!

100mハードル 13秒82 (追い風0.9m)
走り高跳び 1m74 シーズンベスト!
砲丸投げ 11m31 シーズンベスト!
200m 25秒28 (向かい風0.4m)
走り幅跳び 6m16 シーズンベスト!
(向かい風0.2m)
やり投げ 43m26 シーズンベスト!
800m 2分17秒61 自己新記録!
総 合 得 点 5869点 シーズンベスト!
(自己4番目の記録)
※32人中23位。棄権者7人を除く

世界陸上 中田有紀選手出場「七種競技」の開催日程

7種競技タイムテーブル

2007年 8月25日(土)
10時00分スタート 100mハードル
11時20分 走り高跳び
19時10分 砲丸投げ
21時30分 200m
2007年 8月26日(日)
17時15分スタート 走り幅跳び
18時45分 やり投げ
21時15分 800m

世界陸上 日本代表入りが決まりました!

8/25から開催の世界陸上大阪大会の七種競技日本代表に決まりました!

中田有紀選手のブログ開設

ブログを開設しました!私が何をやってるのか、どんな人間なのか知ってもらえたら、少しでも伝わるものがあるかなと思います。楽しんでもらえたら、興味を持ってもらえたら嬉しいです!よろしくお願いします。

中田有紀BLOG

2007/05/12-13 「中部実業団陸上競技選手権大会(岐阜メモリアル競技場) 報告」

出場したすべての種目で3位入賞できました。応援ありがとうございました。
6月末の日本選手権まであと2回競技会に出場します。徐々に調子を上げていきたいと思います。


2007/05/12・13 

中部実業団陸上競技選手権大会

槍投げ 42m20 第2位
走り高跳び 1m60 第2位
100m 12秒61 第3位

2007/04/24 「日本GP和歌山大会 報告」

この試合は、世界陸上の選考会にもなるグランプリ大会でした。この大会と6月23・24日の日本選手権によって代表が決まります。今大会、いい感触を得れる試合となりました。応援ありがとうございました。
2年ぶりに200mのタイムも上がってきましたし、調子は上向きです。
7種は2ヵ月後の日本選手権まで試合がないのでこれからは単発種目で調整していきます。専門の選手にどこまで迫れるか、挑戦です!
今年は関東方面での試合がないので、一番近くて静岡になります。もしよければ4月30日、静岡の草薙競技場にて走り幅跳びに出場しますので見に来てください。これもグランプリで大きな国際試合です。時間は12:00からです。応援よろしくお願いします!

2007/04/21・22

日本GP2007 日本選抜陸上和歌山大会

7 種 競 技 5570点 優勝
nakata-img-77 nakata-img-78 nakata-img-79

2007/04/20 「今年のユニフォーム!」

今年のユニフォームがミズノさんから届きました。今年はこのユニフォームを着て競技場で戦います。セパレートのユニフォームは試合時の写真などであとからお送りします。
明日から和歌山でグランプリシリーズ日本選抜大会が始まります。7種の初戦になります。6月の日本選手権に向けての大事な試合になりますので、頑張りたいと思います。
いよいよシーズンが始まりました。応援よろしくお願いします!

nakata-img-81 nakata-img-82
border-top
今後の試合予定

4月21日・22日
グランプリ日本選抜和歌山大会 7種競技

4月29日
グランプリ織田記念大会 100mH

4月30日
グランプリ静岡国際大会 走り幅跳び

5月12日・13日
中部実業団陸上競技大会 100m・槍投げ 走り高跳び(予定)

日本新記録!

1月22日から2月2日まで、ドイツに遠征へ行っていました。冬は室内で5種競技なんです。
一日で60mハードル・走り高跳び・砲丸投げ・走り幅跳び・800mを行います。ドイツの混成選手権にオープン参加です。
結果は4073点で日本新記録の誕生です!以前の記録は4044点でした。ドイツでの写真を何枚かお送りします。

nakata-img-84 nakata-img-85 nakata-img-86 nakata-img-87

中田有紀選手より

新年あけましておめでとうございます。昨年は、アジア大会への応援、ご支援ありがとうございました。
おかげさまで前回の韓国アジア大会よりも1つ順位を上げることができました。メダルまでもう少しのところまで力がついてきました。(悔しさをばねに今年は奮起しております)
2007年は、地元大阪での世界選手権の年になります。現在は"日本人初、6000点オーバー"を目標にトレーニングを再開しています。実現する瞬間を多くの方に見ていただけるよう精進してまいります。今年もどうぞよろしくお願いいたします!

nakata-img-89 nakata-img-90 nakata-img-91

中田有紀選手が国体の代表選手に選ばれました!

中田選手が兵庫国体の愛知県代表選手に選ばれました。 種目は、走り高跳びと走り幅跳びの2種目です。
今後とも応援をよろしくお願い致します。

2006/07/18 中田有紀選手より

先週末、京都選手権で7種競技に出場してきました。結果は5884点、自己4番目の記録で優勝できました。
天候は、暑さと湿度と豪雨...過酷な条件でしたが地元の京都ということもあり、大会を盛り上げて頂きながらよいパフォーマンスができたと思います。今回の記録は世界選手権B標準の突破達成となります。A標準まであと116点。6000点の大台にむけて弾みのつく内容です。
今後は7月20日から26日まで北海道士別にて陸連合宿、8月10日から16日まで静岡裾野にて強化合宿、8月19日から27日まで北海道網走にて陸連合宿の予定です。秋の大会は、9月末の全日本実業団、10月上旬の国体、12月上旬のアジア大会が大きな大会となります。
今後も応援の方、宜しくお願いいたします。

2006/05/17 中田有紀選手による体操教室がありました!

「放課GO→しば」では、学年別にストレッチやゲーム、リレーなどを行い、子供達も五輪選手の指導を楽しみながら汗を流しました♪ サインを欲しがる子供達が列になって、『もうおしまいだよ~』 と声がかかると、『エッ!?おにぎり(の絵)でもいいからかいて!』 なんて子も…☆

nakata-img-95 nakata-img-96 nakata-img-97 nakata-img-98 nakata-img-99 nakata-img-100
日本保育サービス求人サイト アスクっこブログ 中田有紀ブログ

borderbottom

Go to top