MESSAGE ごあいさつ

代表取締役社長 古川 浩一郎
子育て支援のパイオニアとして、これからも
未来を担うこどもたちのために挑戦し続けます
代表取締役社長 古川 浩一郎

JPホールディングスグループは、保育園をはじめ、学童クラブ、児童館といった子育て支援施設を運営する企業です。

当社の保育事業は、もともと自社の女性従業員が安心して働けるよう、託児所を設置したことから始まりました。その後、2000年に株式会社の保育所事業への参入が認められたのを機に、いち早く事業を積極展開して施設を増やし、安全・安心な保育を全国に広げてきました。そして、国や自治体に先駆けて保育士の処遇改善に取り組むなど、業界のパイオニアとして歩み続けて今に至ります。子育てを取り巻く環境を良くしたい。その想いが、私たちの原動力です。

私たち子育て支援企業が果たす役割は、女性の社会進出が更に進むにつれ、ますます大きくなっていくと考えています。保育園や学童クラブの量的ニーズは依然として高く、引き続きニーズに対応していくことはもちろん、利用者から選ばれる施設となるべく、教育を含めた「保育の品質」を追求・向上し、子育て支援に軸足を置いた新たな事業展開も図ってまいります。また、日本が少子化へ向かう中、少子化自体を食い止めるべく力を尽くすことも、子育て支援企業としての責務だと考えています。国や自治体との連携を図り、安心してこどもを産み育てられる社会の実現、そして子育てを楽しめる環境の整備を目指してまいります。

私たちの使命は、未来を担うこどもたちを育むことです。そのために何よりも大切なのは、こどもたちの保育・育成に携わる従業員の笑顔です。当社グループは、従業員一人ひとりが活き活きと楽しく働くことができる環境づくりと、従業員の豊かな心の醸成に努めてまいります。

こどもたちの笑顔のために...
私たちはこれからも、子育て支援のパイオニアとして、チャレンジを続けます。

代表取締役社長 古川 浩一郎

PAGE TOP